TOP

サービス案内Service

ホームインスペクションとは

中古住宅取引の際におこなわれる、住宅に精通した専門家(ホームインスペクター)による住宅診断のこと。住宅の外壁・内壁などはもちろん、天井裏や床下まで、劣化状況調査や強度測定など様々な診断をおこないます。日本では2018年4月より中古住宅取引時(売買契約・媒介契約)に意向確認が義務化されました。

当社は国土交通省近畿地方整備局の指定を受けた公正中立な建築確認検査機関として、あらゆる建築物の確認検査および性能評価業務をおこなってきました。検査対象はビル、工場、マンションなど多岐にわたります。建築物に対する知識と技術を活かし、「ホームインスペクション」では中古住宅を対象とした欠陥や劣化、補修必要箇所など住宅診断をおこなっています。

ホームインスペクションの目的

  • 住宅の欠陥状態、補修必要箇所の把握
  • 第三者による診断実施により適性な不動産取引がおこなわれること
  • 購入者のリスク軽減(購入後に構造的欠陥を発見するなど)
  • 適性な販売価格の算出
  • 既存住宅瑕疵保証への適合を判定

ホームインスペクション検査について

検査対象例

  • 基礎
  • 内壁・柱
  • 外壁・軒裏
  • 屋根・バルコニー
  • 土台・床組
  • 天井・小屋組・梁
  • 設備配管

各部位の調査に必要な機材を使い、腐食・ひび割れ・劣化状態などを調査します。
通常、戸建住宅であれば一回の検査は2~3時間となります。

外観目視確認
外壁確認
天井確認

住宅診断は全国対応

住宅診断の専門家(ホームインスペクター)が全国各地にスタンバイ。
皆さまから最寄りのスタッフが診断にお伺いいたします。